YouTube(ユーチューブ)のアドセンス広告で稼ぐ

YouTubeで稼ぐ

アフィリエイトは、決してサイトだけではないです。

動画を使ったアフィリエイトも人気があります。

その1つがユーチューブです。ユーチューブは、動画コンテンツとして世界だけでなくて、日本でもかなり有名ですよね。

ユーチューブをみた事がある人も多いと思います。ユーチューブには、時折広告が表示されますよね。この広告は、主にグーグルアドセンスであり、この広告収益によってユーチューブで稼ぐ事が可能です。

今回は、ユーチューブで稼ぐという事を少しお話します。

 

ユーチューブの特徴

ユーチューブは、動画コンテンツです。

ニコニコ動画も有名ですが、最近だとユーチューブの方が勢力が強くなっている印象があります。それぐらい大手動画コンテンツとして成長しています。

ユーチューブは、アカウントを所持して動画制作すれば誰でも動画を不特定多数の人に見てもらえるように設定できます。

実際に、子どもから大人まで一般の人が多くの動画を提供してますよね。別に芸能人や企業だけではないという事です。

ユーチューブを見ている人は、世界で見てもかなり多いです。つまり、それだけ需要が高く、上手く行けばかなりの収益を確保する事ができるわけです。つまり、ブログアフィリエイトと同じように、本業として活躍している人も多いです。

ちょっと人気がある動画を制作できるようになれば、十分お小遣い稼ぎができるという事です。

 

ユーチューブアドセンスの審査について

ユーチューブで稼ぐ時には、多くの方がグーグルアドセンスを利用しています。

グーグルアドセンスは、グーグルが提供している広告であり信頼度、知名度どちらも抜群です。つまり、安心して、広告をクリックしてくれるのでユーチューブの視聴数が多くなければなるほど、広告収入を得やすいです。

 

ただ、ユーチューブのグーグルアドセンスと契約する時には、審査があります。この審査に通らなければ自分の動画に、グーグルアドセンスを載せる事ができないです。

審査の項目は主に2つあり

ユーチューブチャンネルの過去12カ月間の総再生時間が4000時間

ユーチューブチャンネルの登録者数が1000人以上

となっています。

つまり、自分のチャンネルを開設してすぐにアドセンスの審査には通らないという事です。

過去1年間で4000時間となるとかなり難易度が高いように思えますが、複数の動画を乗せて1つでも少しヒットすれば達成できます。猶予が1年間なので動画コンテンツを作成するのが好きな人にとって別に難しくないです。

問題は、チャンネル登録数が1000人という部分です。

いくら、動画の人気がでて再生数が上がってきても、登録者数が増えなければアドセンスを載せる事ができないです。そこで、動画内でチャンネル登録してほしい事をアピールしたり、少しでも楽しい、見る価値がある動画を制作していきます。

アピール

見てくれるような動画制作

お礼のコメント返し

などなるべく高評価をもらえるように努力します。すぐに、登録者数が増えるわけではないですが良い動画コンテンツを作っていく事で、少しずつ増えて1年ぐらいで1000人達成する事は十分可能です。また、登録者数が多くなると、他の人もその流れで登録してくれると思います。

 

アドセンスの審査が通るまでは、どれだけ人気がある動画を投稿しても収益は0です。つまり、モチベーションをどれだけ高く維持できるかも大事ですね。誰でもやれるのがユーチューブの動画投稿なので、始める芝生は低いですが収益化となるとやはり忍耐力が必要です。

 

ユーチューブの重要は大きい

最近、ユーチューバーとして活躍している人は多いですよね。

それだけ、動画コンテンツで収益化できるというわけです。実際、グーグルアドセンスだけでも暮らせるぐらいの報酬を手に入れている人もいます。

有名ユーチューバーとなると、一本の動画の再生回数が100万ぐらいになる事もありますよね。1万再生なんてざらにあります。

つまり、誰にでもチャンスがあるコンテンツだという事です。子どもでも、チューチューバーとして活躍している時代ですからね。

動画制作が好き、ユーチューブが好きという人はぜひチャレンジしてみてください。

 

まとめ

今回は、グーグルアドセンスを利用してユーチューブで収益化を得る事についてお話しました。

審査に通るまでが、ちょっと大変ですが通ったらいよいよ収益化の準備が整います。

動画制作は、手間がかかる作業ですが誰でも稼げる分野です。また、ユーチューブは大手動画コンテンツとして成長しているので、誰にでもチャンスがある分野です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました